読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

T&T SketchBook

滝翼の記憶をかきとめる

滝翼ふたり旅コンサート福岡初日感想

f:id:pouta283:20150928005206j:plain

はい、福岡初日の全体を通した感想です。ネタバレたくさんありますので、避けている方はそっとお戻りください。ちなみにMCレポは前日をご覧ください。

 

さて、滝翼ふたり旅コンサート初日にして、私にとって初滝翼コン。グッズ売り場が意外と混んでいるというTwitter情報により予定より早めにバスに乗って会場に向かいました。天神からマリンメッセ行きのバスが急激に混み合い、皆さんサンパレスに行くのかと思いましたが、違いました。この日はマリンメッセでもライブがあったみたいで、「サンパレスで何があるの?」「さっきタッキー&翼って書いてあるブレスしてる子いた」などとささやき合われるなかバスを降りました。ちなみに「サンパレス前」って放送があった後、一瞬の気まずい沈黙のなか、ボタンをピンポンと押したら、横の母娘さん(たぶん)にお礼を言われました。滝翼ファンって奥ゆかしくて礼儀正しいのですね。

 

会場前の列のなか人に囲まれ1人でじーっと待ってるのは結構苦行でした。誰もイヤホンとかしてないし、音楽聴いちゃダメなのかなと思いつつも、ブルー入りそうだったので、そっとイヤホンをして「愛はタカラモノ」1曲だけ聞かせてもらいました。開場したら、グッズ待ちの列が長くて3階をぐるっと回っていて一気に3階まで階段を上ることに。でも、列の動きは早く、開演15分前にはロビーに戻れました。

 

舞台上のセットが可愛いかったです。機関車っぽい、ピンクと水色を基調とした、ちょっぴりメルヘンな感じがただようセット。

 

そして、アナウンス後に滝翼コールが始まりました。後ろの方も隣の方も慣れていてガンガン声を出していたので、誘導してもらう感じでスッと入っていけました。そういう意味でとても初心者に優しい席でした。そして、上手側だからか今井さんファンが多い感じがしました。

 

映像が流れて、九州の地図が映り、福岡に印がつくとワアッと歓声があがりました。二人が出てきた時の第一印象は、今井さん、顔ちっちゃ、細っ、可愛い!滝沢さん、白い、光ってる(?)。もう二車線道路の向こう側に二人がいるくらいの距離感で「近い!」ってなりました。特に上手の端っこに寄ってくると、ますます近くて「うわあ、うわあ」ってなりました。

 

今井さんは子どものように全力で全身でライブを楽しんでる姿が可愛いかったです。滝沢さんとスタッフと客席を信頼して、無邪気にはしゃぐ姿が愛おしかったです。皆でたくさん笑ってたくさん楽しんで盛り上がっていこうっていうサービス精神を感じました。

 

滝沢さんは何となくですが楽しくはあるけど、どこか平静って感じがしました。上手の端にきた時「どう?みんな楽しんでる?」っていう視察っぽい感じがありました。私の偏見でしょうか?なんだか見守られてる感。今井さんも客席も楽しそうでよかったなーと嬉しそうで満足そうな滝沢さん。アドレナリン型の今井さん、エンドルフィン型の滝沢さんって感じ。

 

私の場合、近くで演ってる人のテンションに影響されやすい感があって、今井さんがこっちサイドにいるとテンション上がりまくって笑ってはしゃぎまくって、滝沢さんがくるとちょっと落ち着いて観察分析系のテンションになって、そんな風にテンションが行ったり来たりしてました。バランスよく上手と下手をチェンジしてて二人とも同じくらいの量で見た感じがします。

 

MCの時、初めてきた人って言われて、他にもパラパラいたので、手をあげてみたんですけど、ぼんやりして手を下ろしそこねてて恥ずかしかったです。

 

「山手線内回り」で今井さんが滝沢さんのソロパートの時、自分はアクロバットをやるって主張し始めて、OUR FUTURE DVDの副音声を思い出しました。あの時は滝沢さんがアクロバットを主張してたような。ちなみに今井さんがソロパートの時は、滝沢さんは歌舞伎で得たものを出してくださいって言われて、素直に歌舞伎のポーズをきめていた滝沢さんに爆笑でした。そして、今井さんは側転を4回してました。もうゲラゲラ笑い過ぎて苦しかった。

 

振り練習はもちろんしてたのですが、最初のがっつり踊るVenusで左右が混乱してしまって「???」ってなりました。左側が通路だったのでペンライトを左手に持っていたこと、前の方も左手にペンライトを持っていて器用に真逆にひっくり返した振りを踊っていたこと、隣の人に手が当たらないか気にしたことなどで左右が見事にゴチャゴチャに。あと「We are the T&T」の振りが分からず、かなり曖昧な動きになってしまい残念。途中でお隣の方と身長差が結構あることに気がつき、小さめに振りをすれば当たらないことが判明。ペンライトを右手に持った途端、普通に踊れるようになりました。ペンライトをもったまま「月物語星物語」の手の甲を出す振りが意外と難しかったです。Ho!サマーとか踊っててすごく気持ちよかったです。もう額に汗するほど踊りました。

 

セトリはもちろん新しいシングルから山手線内回りと時間旅行second!、あとはアルバムtwo tops treasureとTENの曲が中心でした。two tops treasureからはギラメラ、抱夏、ねぇ、灼熱の律動、ビバビバモーレ、返せない傘を借りた、We are the T&T。TENからは小悪魔ジュリエット、Number One! Only One!、愛はタカラモノ、パピプベヤッポAlright!。それ以前の曲はVenus、夢物語、REAL DX、空のスクリーン、Ho!サマー、山手線外回り、ラブスパ、Hey Now!、時間旅行、未来航海。ライブ鉄板曲とニューシングルの元祖って感じでした。なんか1曲くらい忘れてる気もする。ちょっと「ねぇ」に入り込み過ぎてしまって、その後2曲くらい戻ってこれなくって、ああ、もったいないことしちゃった!ってなりました。

 

テープがフワッと降ってきた時は全てがスローモーションに見えました。ステージの上のふたりも、空中を舞う銀テも。そして、ああ、もうすぐ終わっちゃうって切なくなりました。空中で銀テをつかんだのは生まれて初めてでした。通路に何本か落ちっぱなしだったので、一応拾ってアンコール前にお隣さんに分けてみました。自分は2本あれば十分ですから。金銀じゃなくて金金だったけど嬉しかった。昔、LUNA SEAライブで3階席だった私にペンパルちゃんが優しく分けてくれて、それ以来人生2度目の銀テでした。

 

あと滝沢さんがボール投げる時、フェイントしては悪戯っぽく笑ったり、すっごい遠くまで飛ばしてるのを見て、うわあ、DVDで見たそのままや!ってなりました。今井さんのタオルはすごい前の方に落ちてました。

 

アンコールもダブルでやってくれて、それでも鳴り止まない「もう一回」コールに、しょうがないなあって、もう1曲終わったらちゃんと帰るんだよって念押ししながらも、全力でやってくれて、そして、その言葉通り素直に拍手してから解散していく客席。帰り席が通路脇なので早く出ないとご迷惑だと急いで出ようとしたら、隣の方に呼び止められ、銀テのお礼を改めて言われました。滝翼ファンさんはお礼にマメです。「いえいえ」くらいしか言えずスミマセンでした。

 

驚きの感想の長さに自分でもひきます。もっと書こうと思えば正直書けるけど、ねえ?書けば書くほどハイになってきて、びっくりですよ。ここまで読んでくれた方ありがとうございます。ああ、これ書き終わったら私のふたり旅ツアー終わっちゃうみたいな気持ちはありますが、溜まってる録画とかMVとか雑誌とかで心を温めつつ、他の方のコンレポを楽しみにしつつ、12月のアルバム発売を待とうと思います。

 

にほんブログ村 芸能ブログ タッキー&翼へ
にほんブログ村