読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

T&T SketchBook

滝翼の記憶をかきとめる

10年前の今井さんは進化前でした

f:id:pouta283:20151021003408j:plain

今井さんの誕生日当日は看病しながら、病人が寝てる間はDVD見てました。偶然にも17日ジャストで「TSUBASA IMAI 1ST TOUR 23 TO 24」が届いたので、今井さんの34歳のお誕生日にぴったり10年前の今井さんを見ることになりました。ドキュメントの中でバースデーケーキが出てくるシーンもあって、「10年前のお誕生日だあ」ってなったり、ちょっと嬉しい。

 

24歳の今井さんは、進化前の今井さん、現在の今井さんの素(もと)って感じでした。当たり前か。踊りも振りやステップに勢いはあるけど、丁寧ではなくて「あ、そこで切り上げちゃうんだ」って感じてしまう。今の今井さんを知っちゃってると物足りない感じがします。振りの勢いの出し方や形、どこで止めるかとか、止めた形をどれ位保つかとか、今の綺麗な今井さんの踊りと全然ちがいます。たぶん、この頃だったら惹かれなかったんだろうな、って思ってしまう。今井さんの踊り、すごい進化したんだなあ。今、これ踊ったら歌ったら、どんな感じになるんだろう、とか思わずいちいち空想してしまいます。でも、「流れ星」や「かすみ雲」はこの時の今井さんにすごく似合ってます。それにしても失恋というか別れた曲が多い選曲だな。

 

ドキュメントの今井さんはすごく可愛かったです。お肉食べたり、カニ食べたり(たぶん)、ソフトクリーム持ってたり、なにこの可愛さ。人と接する時はいつでも感じがいい笑顔な今井さん。気をつかってるなあ、いい子だなあと思います。衣装やステージのプレゼンしたり、ステージを全体でとらえようとしてるところ、は今に繋がっていくんだろうな〜と思ったり。私は今でもプレゼンが苦手で、資料作ったりする時も本筋を見失わないように意識しないとダメで、枝葉の方を詰めすぎちゃうし、発表前も説得力があるのかドキドキしてしまうので、一社会人として尊敬します。踊りで伝えることにこだわるところ、ツアーを進化させていくところも、今と変わらない、ぶれない今井さんがいるって感じました。 

 

ところで、今日も新春コンサート申込ハガキがポストに入ってなかったので落ち込んで家族に「どーしよー」と嘆いたら、「ドアの新聞ポスト見た?」とアドバイスされました。開けてみたらヒラっと出てきました、私の欲しかったハガキが!さすが探し物王!まさかと思うところを探すのがコツだそうです。しかし、郵便屋さんはなぜドアまでお届けしてくれたんだろう?でも、嬉しいなあ。明日か明後日には振り込もう。

 

にほんブログ村 芸能ブログ タッキー&翼へ
にほんブログ村