T&T SketchBook

滝翼の記憶をかきとめる

憧れの人と今井さん

f:id:pouta283:20151219222301j:plain

今井さんが腰にペラっと布を付けてるの大好きpoutaです、こんばんは。

 

16日のFNS歌謡祭見ました〜。最初のV6メドレーでの今井さんの森田剛さんへの食い付きっぷりが楽しかったです。NEWSさんとV6さんのわちゃわちゃにほのぼのしながら次は滝翼って楽しみにしてたら、あれ?後ろから登場しないよ?なんとV6さんがマイクスタンドと滝翼が待つステージへと移動していきます。岡田くんが今井さんの背中にポン!滝沢さんの背中もポン!その直後、それまでの曲では後輩さんたちと絡みが薄かった森田さんが笑顔で今井さんを蹴った時には嬉しくなりました。曲終わりに「つーばーさー」と笑顔で間違いを指摘されペコンと頭をさげる今井さんに、見たことのない20年前のV6さんと滝翼の姿を一瞬想像しました。「WAになっておどろう」でもちゃっかり森田さんの隣の隣をキープする今井さん。惜しい!そして、ラストはカメラに背を向けて一生懸命森田さんにアピール。いや真ん中の亀梨くんと手越くんも半分はV6さんの方に体向けてるけど、君の場合は明らかに森田さん方面に行き過ぎだよって笑いたくなりました。

 

そして、滝翼はなぜかハンドマイクで「Venus」。振りが半分だよ〜。不思議な感じです。曲終わりの足を互い違いにして立つところで今井さんがグラッとしたのでドッキリしました。ツルツルしてそうな床だけど大丈夫かな?「山手線内回り」では「渋谷からの」「台場」をブチ込む今井さん。それ山手線やなくて、りんかい線だよ!そして、なんで今日はそんなに低重心?ちびっこJr.さんたちと同じ目線になりたかったの?滝沢さん、さすがにちょっとお疲れかな〜?最後の方、歌で息が切れちゃってました。滝沢さんが過労である日ぱったり倒れるんじゃないかとたまに心配になります。特に寝ながら鍋食べてるくだりで。それでも明るく楽しく伝えてくれるのが滝沢さんのタフなとこなんですが、もう10代じゃないんですから無理すんなって思ったり。ストライプが随所にあしらわれた衣装がすごく可愛かったです。

 

今週の今井翼のto baseは横山剣さんがゲストでした。声の感じからも今井さんの緊張と尊敬が伝わってきました。「ボクらのエスケイプ」の楽曲を提供してくださった剣さんに今井さんは直筆のお手紙を書いたそうです。「完成形って聴いていただけました?いかがでした?」と尋ねる今井さん「ソウルが感じられましたね」と答えてくださる剣さん。そして、ドライブ中にメロディーが浮かぶことが多いという剣さんとクラシックカー談義に、地元横浜の話に矢沢栄吉さん話など語り合っておられました。今井さんもその時代に生まれてたらよかったのにね〜と思ったり。剣さんの「いいね!」のエピソードが心に染みました。あのロックで、それでいてポップな「いいね!」にはそんな背景があったんだって初めて知りました。

 

そんな訳で今週は今井さんと今井さんの憧れの人の組み合わせがたくさんでした。敬意や好きを積極的に大胆に伝えられる今井さん、すごいなあっていつも思います。そして、今井さんがファン心理をよく理解しているのは自分も誰かのファンだからなのかなあって思ったりします。

 

にほんブログ村 芸能ブログ タッキー&翼へ
にほんブログ村

広告を非表示にする