T&T SketchBook

滝翼の記憶をかきとめる

松本幸大くんファンにも作ってもらいたい今月の翼メシ

「saita4月号」の翼メシに載っている「なすのみそ汁」レシピを見た時「おお!これは滝沢歌舞伎シンガポール公演帰りの松本幸大くんに作ってあげたという、あの!」と沸いたpoutaです。ブログの過去ログを振り返って「あ、8月の終わり頃のto baseで言ってたのかあ。まさにナスとミョウガが美味しい季節」としみじみし、今年の8月に絶対作ろうと思いました。ぜひ松本幸大くんのファンの方も作ってみてくださいね!幸大くんが美味しいって言っていた「なすのみそ汁」です!

 

本日は残りの2レシピを家族が作ってくれました。

f:id:pouta283:20160319225327j:plain

まず「するめいかのホイル焼き」。イカの足の硬い吸盤を「今井さんはとるって書いてないんだけど」と悩みながら、こそぎ落としておりました。オーブンがないためフライパンに蓋をしてホイル焼きしたせいか(うちではホイル焼きはいつもフライパン)残念ながらレシピ写真の通りに、いかのワタがトロッとした感じには仕上がりませんでした。イカの個体差もあるのかなあ。食べると、いかのワタが濃厚でまるで蟹味噌のようで「うわ〜これはお酒に合うわ!居酒屋の味!」と大人は盛り上がりました。少し苦味があるので子どもは好き嫌いが分かれるかもです。

f:id:pouta283:20160319225350j:plain

こちらは「納豆のはさみ焼き」。熱々が美味しいんですが、ちびさんには熱過ぎたようで「あっつう!」と口の端をおさえてました。ごめん、ちゃんと切るべきでした。しかし、切ったら切ったで納豆が入っている状態を保つのが難しいという、うーん、次からはチーズ入りとかも並行して作るべきかも。そして、順次すこし冷めた納豆のはさみ焼きにうつるべきか。熱々のカリッとしたお揚げに少し甘みがある味付けのトロッとした熱した納豆がすごく美味しかったです。滝沢電波城から察するに滝沢さんも好きそう〜。

 

今回は私はお揚げを袋状に開いただけで(うっかり開きにくい揚げを買ってしまったのは私の責任)ほとんど家族が作ってくれました。どうやらイカをさばくことに自信がついたようで「今度はイカと里芋の煮物つくろう」と言ってました。翼メシからメニューの幅が広がっていく我が家でした。

 

にほんブログ村 芸能ブログ タッキー&翼へ
にほんブログ村

広告を非表示にする