T&T SketchBook

滝翼の記憶をかきとめる

ドラゴンクエストライブスペクタクルツアー見てきました

f:id:pouta283:20160812011523j:plain

ドラクエライブスペクタクルツアー見に行ってきました。歴代ドラクエプレイヤー、子どもの頃ドラクエIIIやⅣで遊んだ人、そして、ドラクエを今プレイしている小学生にオススメしたい心踊る舞台でした。ネタバレありますので、ネタバレなしで観劇したい方はそっとブラウザバックでお戻りください。

 

そうそう、会場が広くて席によって見ることのできるキャラに偏りが出ると思います。私が座った側からはあまりアリーナ姫が見えなくて、後列のしょこたんファンの方が残念がっている声が聞こえてきました。その代わり、めっちゃ風間くんがよく見えるお席でした。クールに爽やかにお手振りしてくれるテリーに「この前は滝沢さん(と櫻井くん)にお手紙ありがとう」と非常に個人的な念を送る私。衣装の細部がとにかく見たかったので双眼鏡で眺めまわして、すみません。ファンタジー衣装が立体で見られるって素晴らしい!しかも安っぽくないし、武器や革の汚しとかも本格的で本当に楽しかったです。

 

モンスター造形も原作に忠実で、ドラクエモンスター事典を毎日読んでいる隣のちびさんは大興奮でした。宙返りするシルバーデビルとか特撮のモンスターのようでした。マドハンド再現度がすごくて、ヌメヌメ感がよく出てました。家族はあくま神官にもっと活躍してもらいたかったらしいです。

 

歴代ドラクエをプレイしてきた家族にとっては最初にⅠからⅩまでの勇者が一堂に揃う場面だけで涙が出そうだったそうです。確かに時空を超えて一堂に会する勇者たちは歴史を感じさせるものがありました。しかし、最近の勇者に疎い私は「ん?ゼルダのリンクみたいな人が?(ドラクエⅦの勇者)」「パルテナの鏡みたいな人も?(ドラクエⅨの勇者)」ってなってました(汗)はっきり言って小学生にドラクエの知識負けてます。

 

アクションは特撮ショーとか滝沢歌舞伎とか見慣れている人には物足りない感じだと思います。特に格闘技系で魅せるのは至難の技だと思いました。まだ剣とか斧とか長い得物を持っている方が動きが様になります。周りの小舞台のダンサーさんやモンスターの動きはさすがにプロでレベル高かったです。

 

勇者にはほとんどセリフがなくて、大人からみると不思議な感じがしましたが、子どもは勇者と自分を重ねてみていたみたいで、これがゲームの主人公=自分という演出なんだなって思いました。終盤で仲間たちが次々と力尽きていくなか、勇者がどうにか戦おうとするシーンで、隣の小さい人が絶望して顔を覆ってちょっと泣いていて、ビビリました。後半はストーリーがめっちゃダイジェストでちょっと残念でしたが、観客に子どもが多いため飽きてしまわないようにという配慮なんだと思います。

 

見終わってからも家族は「ラーミアが〜」「ジパングが〜」「イリスが〜」「黄金の爪が〜」とかドラクエⅢについて語り倒していましたし、小さい人は小さい人でパンフにがっつり噛り付いていたので、ドラクエ好きの男子にはたまらない舞台だったみたいです。

 

風間くんのテリーは声もよく通っていたし、広い舞台での移動時や捌ける時もスピードがあって、役に合っていて格好良かったです。家族はちょっと演技がこってりだったよ、僕のテリーはもっとさっぱりしてるって言ってましたが、私は敵として戦った時の厨二な印象が強かったので、風間くんのテリーがしっくりきました。テリーはⅥをプレイしていた時、ずっと探していた人だったこともあって、思い入れがあるキャラでもあります。しかし、Ⅵはハッサン、Ⅳはライアンが1番印象に残るキャラである自分は初期キャラ好きなんだと思います。一緒に過ごす時間が長ければ長いほど愛着が湧くという。おっさん好きな訳じゃないと思いたい(笑)

 

はい、そんな訳で今回は全くタッキー&翼と関係ないエントリーでした。風間くんがジャニーズなので、ジャニ関係エントリーということであげさせていただいてます。8月は滝翼関係ないジャニーズ関連エントリー月間になるかもしれません。滝翼エントリーを期待して見に来てくださっている方、すみません。

 

にほんブログ村 芸能ブログ タッキー&翼へ
にほんブログ村

広告を非表示にする